Q&A

office2010のプロダクトキー忘れた場合、produkeyの出番だ
2014-08-12

【問題】

あたらしいPC購入し、office2010をインストールしたら、なんとプロダクトキーが見つからなくなりました。

さがしてもない。。。

【対応】

そろそろ絶望的になって、改めて購入しようとしたところ、

ネットで調べたところprodukeyというフリーソフトがありました。

ProduKey 公式ページ

私の場合、OSはwindows8、office2010でしたが、見事に取得できました。

office2010のプロダクトキーだけではなく、windows8のプロダクトキーも表示されています。

こんな感じ

【感想】

すごく助かりました、ちょっと恐ろしい感じがします。

 

 

 

 

 

 

【debian】make menuconfigでエラー、カーネルのクロスコンパイルが失敗
2015-01-31

【エラー内容】

root@sekitoba:/usr/local/src/linux-3.2.65# make menuconfig
  HOSTCC  scripts/basic/fixdep
  HOSTCC  scripts/kconfig/conf.o
 *** Unable to find the ncurses libraries or the
 *** required header files.
 *** 'make menuconfig' requires the ncurses libraries.
 ***
 *** Install ncurses (ncurses-devel) and try again.
 ***
make[1]: *** [scripts/kconfig/dochecklxdialog] エラー 1
make: *** [menuconfig] エラー 2

【対策】

開発用Ncursesライブラリをインストール

コマンド:

apt-get install libncurses5-dev

【実行してみる】

root@sekitoba:/usr/local/src# apt-get install libncurses5-dev
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下のパッケージが自動でインストールされましたが、もう必要とされていません:
。。。
これを削除するには 'apt-get autoremove' を利用してください。
以下の特別パッケージがインストールされます:
  libtinfo-dev
提案パッケージ:
  ncurses-doc
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  libncurses5-dev libtinfo-dev
アップグレード: 0 個、新規インストール: 2 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
306 kB 中 0 B のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 1,145 kB のディスク容量が消費されます。
続行しますか [Y/n]? y
以前に未選択のパッケージ libtinfo-dev:i386 を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 120430 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
(.../libtinfo-dev_5.9-10_i386.deb から) libtinfo-dev:i386 を展開しています...
以前に未選択のパッケージ libncurses5-dev を選択しています。
(.../libncurses5-dev_5.9-10_i386.deb から) libncurses5-dev を展開しています...
libtinfo-dev:i386 (5.9-10) を設定しています ...
libncurses5-dev (5.9-10) を設定しています ...

 

 

 

 

ncursesがコンパイルエラー 127
2015-02-05

【エラー内容】

ncursesをコンパイルしたら、次のエラーが出力されました。

make[1]: ディレクトリ `/home/open/rpmbuild/BUILD/ncurses-5.7/c++' に入ります
cd ../obj_s;   -I../c++ -I../include -I. -DHAVE_CONFIG_H  -D_GNU_SOURCE -D_FILE_OFFSET_BITS=64  -DNDEBUG -I. -I../include  -fPIC -c ../c++/cursesf.cc
/bin/sh: -I../c++: そのようなファイルやディレクトリはありません
make[1]: *** [../obj_s/cursesf.o] エラー 127
make[1]: ディレクトリ `/home/open/rpmbuild/BUILD/ncurses-5.7/c++' から出ます
make: *** [all] エラー 2

【原因】

gcc-c++がインストールされていないため

【対応】

gcc-c++をインストールしてから、再度configureコマンドを実行し、makeし直す。

コマンド:

yum install gcc-c++

./configure --prefix=/usr --with-install-prefix=/usr/local/sekitoba --with-shared --disable-termcap --with-termlib --disable-big-core --disable-FEATURE --without-ada

make

 

 

 

 

【centOS】あるコマンドの所在パッケージ確認
2015-02-07

コマンドがどのパッケージにあるかを調べるにはwhichコマンドおよびrpmコマンドを使います。

1、まず、whichで対象コマンドのpathを特定

2、rpm -qfで対象コマンドのpackage確認

例:mkfsの所在パッケージを特定

[open@sekitoba multipath-tools]$ which mkfs
/sbin/mkfs
[open@sekitoba multipath-tools]$ rpm -qf /sbin/mkfs
util-linux-ng-2.17.2-12.18.el6.i686

initrd.imgのloopbackマウントエラーについて
2015-02-14

initrd.imgをマウントしようとしたら、you must specify the filesystem type エラーが出ました。

ファイルタイプを指定しても解決になりません。

root@sekitoba:/boot# mount initrd.img-3.2.0-4-486  /tmp/loop -o loop
mount: you must specify the filesystem type

root@sekitoba:/boot# mount initrd.img-3.2.0-4-486  /tmp/loop -o loop -t vfat
mount: wrong fs type, bad option, bad superblock on /dev/loop1,
       missing codepage or helper program, or other error
       In some cases useful info is found in syslog - try
       dmesg | tail  or so

root@sekitoba:/boot# mount initrd.img-3.2.0-4-486  /tmp/loop -o loop -t auto
mount: you must specify the filesystem type
root@sekitoba:/boot# mount initrd.img-3.2.0-4-486  /tmp/loop -o loop -t ext3
mount: wrong fs type, bad option, bad superblock on /dev/loop1,
       missing codepage or helper program, or other error
       In some cases useful info is found in syslog - try
       dmesg | tail  or so

root@sekitoba:/boot# mount initrd.img-3.2.0-4-486  /tmp/loop -o loop -t ext2
mount: wrong fs type, bad option, bad superblock on /dev/loop1,
       missing codepage or helper program, or other error
       In some cases useful info is found in syslog - try
       dmesg | tail  or so

 

【原因】

initrd.imgファイルは実はイメージファイルではなくなりました。ただの圧縮ファイルです。

fileコマンドで確認してみればわかります。

root@sekitoba:/boot# file initrd.img-3.2.0-4-486
initrd.img-3.2.0-4-486: gzip compressed data, from Unix, last modified: Tue Nov 12 14:11:27 2013

 

【対応】

initrd.imgファイルがマウントする必要がありません、

中身を書き換えしたいなら、gzipおよびcpioコマンドで展開してから、修正すること。 

【debian】 BroadcomのBCM4312のfirmwareインストール
2015-02-15

①、無線アクセスポイントを一覧を取得するため、iwlistしてみましたが、下記赤文字のメッセージがありました。

root@sekitoba:~# iwlist wlan0 scan
wlan0     Interface doesn't support scanning : Network is down

②、起動されていないようで、起動コマンド発行してみましたが、またエラー

root@sekitoba:~# ifconfig wlan0 up
SIOCSIFFLAGS: そのようなファイルやディレクトリはありません

③、無線LANのPCIディバイス状況を確認してみると、ありました。
root@sekitoba:~# lspci

。。。

02:00.0 Network controller: Broadcom Corporation BCM4312 802.11b/g LP-PHY (rev 01)
03:00.0 Ethernet controller: Realtek Semiconductor Co., Ltd. RTL8101E/RTL8102E PCI Express Fast Ethernet controller (rev 02)

④https://wiki.debian.org/bcm43xx より

BCM4312のfirmwareはfirmware-b43-lpphy-installerをインストールすること。

root@sekitoba:/lib/firmware# apt-get install firmware-b43-lpphy-installer
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下のパッケージは「削除」されます:
  firmware-b43-installer
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  firmware-b43-lpphy-installer
。。。

⑤、モジュールを削除してから、インストールし直す

modprobe -r b43
echo options b43 pio=1 qos=0 >> /etc/modprobe.d/local.conf
modprobe b43

⑥、無線LANを起動し、ネットワーク状況再度確認、無線LANが認識できました。

root@sekitoba:/lib/firmware# sudo ifconfig wlan0 up
root@sekitoba:/lib/firmware# ifconfig
。。。

wlan0     Link encap:イーサネット  ハードウェアアドレス 00:26:82:35:c8:32
          UP BROADCAST MULTICAST  MTU:1500  メトリック:1
          RXパケット:0 エラー:0 損失:0 オーバラン:0 フレーム:0
          TXパケット:0 エラー:0 損失:0 オーバラン:0 キャリア:0
      衝突(Collisions):0 TXキュー長:1000
          RXバイト:0 (0.0 B)  TXバイト:0 (0.0 B)

⑦、scanしてみったら、お見事、アクセスポイント一覧がたくさんでましたよ。

root@sekitoba:/lib/firmware# iwlist wlan0 scan
wlan0     Scan completed :
          Cell 01 - Address: A6:12:42:59:44:0F
                    Channel:1
                    Frequency:2.412 GHz (Channel 1)
                    Quality=26/70  Signal level=-84 dBm
                    Encryption key:on
                    ESSID:"aterm-50d4c5-gw"
                    Bit Rates:1 Mb/s; 2 Mb/s; 5.5 Mb/s; 11 Mb/s; 6 Mb/s
                              9 Mb/s; 12 Mb/s; 18 Mb/s
                    Bit Rates:24 Mb/s; 36 Mb/s; 48 Mb/s; 54 Mb/s

。。。

 

【debian】Intel 08b1無線firmwareのインストール
2015-02-28

Intel Corporation Device 08b1はあんまりにも最新で、defaultのdebian kernelには入っていませんでした。

次のURLを参考にインストールしてみました。

https://wiki.debian.org/InstallingDebianOn/Asus/UX301LA

1、まず、/etc/apt/source.listに次の記述を追加

deb http://http.debian.net/debian wheezy-backports main contrib non-free

2、sudo apt-get update

 root@sekitoba:/lib/firmware# apt-get update
。。。
パッケージリストを読み込んでいます... 完了

3、firmware-iwlwifiをインストール
root@sekitoba:/lib/firmware# apt-get -t wheezy-backports install firmware-iwlwifi
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
。。。
firmware-iwlwifi (0.43~bpo70+1) を設定しています ..

4、モジュールをreload.

root@sekitoba:/lib/firmware# sudo modprobe -r iwlwifi
root@sekitoba:/lib/firmware# sudo modprobe iwlwifi

 

 

【debian】ソフトウェアの追加と削除 を使用せず、evolutionの削除方法
2015-03-01

①、まず、evolutionを削除

root@sekitoba:~# sudo apt-get purge evolution
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下のパッケージは「削除」されます:
  evolution* evolution-plugins*
アップグレード: 0 個、新規インストール: 0 個、削除: 2 個、保留: 0 個。
この操作後に 7,138 kB のディスク容量が解放されます。
続行しますか [Y/n]? y
(データベースを読み込んでいます ... 現在 117673 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
evolution-plugins を削除しています ...
evolution を削除しています ...
evolution の設定ファイルを削除しています ...
gconf2 のトリガを処理しています ...
desktop-file-utils のトリガを処理しています ...
gnome-menus のトリガを処理しています ...
menu のトリガを処理しています ...
man-db のトリガを処理しています ...

②、evolution関連不要packageを確認
root@sekitoba:~# dpkg -l|grep -i evolution
ii  evolution-common                     3.4.4-3                            all          architecture independent files for Evolution
ii  evolution-data-server                3.4.4-3+deb7u1                     i386         evolution database backend server
ii  evolution-data-server-common         3.4.4-3+deb7u1                     all          architecture independent files for Evolution Data Server
ii  evolution-webcal                     2.32.0-2+b2                        i386         webcal: URL handler for GNOME and Evolution
ii  libcamel-1.2-33                      3.4.4-3+deb7u1                     i386         Evolution MIME message handling library
ii  libebackend-1.2-2                    3.4.4-3+deb7u1                     i386         Utility library for evolution data servers
ii  libebook-1.2-13                      3.4.4-3+deb7u1                     i386         Client library for evolution address books
ii  libecal-1.2-11                       3.4.4-3+deb7u1                     i386         Client library for evolution calendars
ii  libedata-book-1.2-13                 3.4.4-3+deb7u1                     i386         Backend library for evolution address books
ii  libedata-cal-1.2-15                  3.4.4-3+deb7u1                     i386         Backend library for evolution calendars
ii  libedataserver-1.2-16                3.4.4-3+deb7u1                     i386         Utility library for evolution data servers
ii  libedataserverui-3.0-1               3.4.4-3+deb7u1                     i386         GUI utility library for evolution data servers
ii  libevolution                         3.4.4-3                            i386         evolution libraries
ii  libfolks-eds25                       0.6.9-1+b1                         i386         Evolution-data-server backend for libfolks
ii  nautilus-sendto                      3.0.3-2+b1                         i386         integrates Evolution and Pidgin into the Nautilus file manager

 

③、②で確認したpackageを削除

root@sekitoba:~# apt-get purge evolution-common libevolution
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下のパッケージが自動でインストールされましたが、もう必要とされていません:
  bogofilter bogofilter-bdb bogofilter-common evolution-webcal libgsl0ldbl libgtkhtml-4.0-0 libgtkhtml-4.0-common
  libgtkhtml-editor-4.0-0 libpst4
これを削除するには 'apt-get autoremove' を利用してください。
以下のパッケージは「削除」されます:
  evolution-common* libevolution*
アップグレード: 0 個、新規インストール: 0 個、削除: 2 個、保留: 0 個。
この操作後に 56.0 MB のディスク容量が解放されます。
続行しますか [Y/n]? y
(データベースを読み込んでいます ... 現在 117576 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
evolution-common を削除しています ...
libevolution を削除しています ...
hicolor-icon-theme のトリガを処理しています ...
libglib2.0-0:i386 のトリガを処理しています ...
root@sekitoba:~# apt-get autoremove
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下のパッケージは「削除」されます:
  bogofilter bogofilter-bdb bogofilter-common evolution-webcal libgsl0ldbl libgtkhtml-4.0-0 libgtkhtml-4.0-common
  libgtkhtml-editor-4.0-0 libpst4
アップグレード: 0 個、新規インストール: 0 個、削除: 9 個、保留: 0 個。
この操作後に 9,249 kB のディスク容量が解放されます。
続行しますか [Y/n]? y
(データベースを読み込んでいます ... 現在 112795 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
bogofilter を削除しています ...
bogofilter-bdb を削除しています ...
bogofilter-common を削除しています ...
evolution-webcal を削除しています ...
libgsl0ldbl を削除しています ...
libgtkhtml-editor-4.0-0 を削除しています ...
libgtkhtml-4.0-0 を削除しています ...
libgtkhtml-4.0-common を削除しています ...
libpst4:i386 を削除しています ...
man-db のトリガを処理しています ...
gconf2 のトリガを処理しています ...

 

【Module p80211 not found】時の対応
2015-06-10

【OS】:debian

【事象】:

ifup wlan0を実行時、次のエラーが発生しました。

root@test:/etc/modprobe.d# ifup wlan0
modprobe: FATAL: Module p80211 not found.
Failed to load p80211.ko.
run-parts: /etc/network/if-pre-up.d/linux-wlan-ng-pre-up exited with return code 1
Failed to bring up wlan0.

 

「原因」

packageのlinux-wlan-ngが邪魔しているらしい

「対応」

linux-wlan-ngの設定ファイルも含めいてきれいに削除する。

root@test:/etc/modprobe.d# dpkg --purge linux-wlan-ng
(データベースを読み込んでいます ... 現在 77863 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
linux-wlan-ng (0.2.9+dfsg-5) を削除しています ...
linux-wlan-ng (0.2.9+dfsg-5) の設定ファイルを削除しています ...

「再起動」OK

root@test:/etc/modprobe.d# ifup wlan0
Internet Systems Consortium DHCP Client 4.3.1
Copyright 2004-2014 Internet Systems Consortium.
All rights reserved.
For info, please visit https://www.isc.org/software/dhcp/

Listening on LPF/wlan0/00:15:00:62:b2:c0
Sending on   LPF/wlan0/00:15:00:62:b2:c0
Sending on   Socket/fallback
DHCPDISCOVER on wlan0 to 255.255.255.255 port 67 interval 5
DHCPDISCOVER on wlan0 to 255.255.255.255 port 67 interval 12
DHCPREQUEST on wlan0 to 255.255.255.255 port 67
DHCPOFFER from 192.168.0.1
DHCPACK from 192.168.0.1
/etc/resolvconf/update.d/libc: Warning: /etc/resolv.conf is not a symbolic link to /etc/resolvconf/run/resolv.conf
bound to 192.168.0.4 -- renewal in 33970 seconds.

「ifconfig確認」OK

root@test:/etc/modprobe.d# ifconfig
...
wlan0     Link encap:イーサネット  ハードウェアアドレス 00:15:00:62:b2:c0
          inetアドレス:192.168.0.4 ブロードキャスト:192.168.0.255  マスク:255.255.255.0
          inet6アドレス: fe80::215:ff:fe62:b2c0/64 範囲:リンク
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  メトリック:1
          RXパケット:5 エラー:0 損失:0 オーバラン:0 フレーム:0
          TXパケット:64 エラー:0 損失:0 オーバラン:0 キャリア:0
      衝突(Collisions):0 TXキュー長:1000
          RXバイト:1504 (1.4 KiB)  TXバイト:14608 (14.2 KiB)