戻る

Simple, Open, Share

Home
トップページ 会社案内 Javaコーディング標準 開発系メモ Q&A

1、方針

Javaの一技術者として、コーディングルールは基本中の基本だと思いますが、
いままで実際見たソースはコーディングリールが明確されないことが多く、見苦しいソースがほとんどでした。

偶然に(株)永和システムマネジメント オブジェクト倶楽部 平鍋健児氏のJava コーディング標準を見つかり、大変参考にできると思い、
もともとのPDFファイルをHTML化にさせていただきます。
(もちろん、著作権は 平鍋健児氏にあります)


Java コーディング標準
 
(C) Copyright 2000-2006 (株)永和システムマネジメント
 
オブジェクト倶楽部 平鍋健児
 
hiranabe@esm.co.jp
オリジナル:http://www.objectclub.jp/community/codingstandard/CodingStd.doc

方針


このコーディング標準は,ソフトウェア開発プロジェクト(※)においてjava でコーディングする際のルール,
推奨,および迷った時の指針を提供するものである.
標準策定の方針は,読みやすくメンテナンスしやすいコードを書くことである.実際のコーディングにあたっては,
プロジェクトメンバー全員がこのルールに合意していることが
必要である.
実プロジェクトにおいては,このコーディング標準をカスタマイズして用いることを推奨する.

※ 特にExtreme Programming プロジェクトでの利用を意識したものではなく,
あらゆ
るJava を使ったプロジェクトでの利用を想定している.

©2014 Powered by 株式会社開成